MENU

永久脱毛は毛根周囲の細胞を破壊するという仕組みです

脱毛安いお試し勧誘なし

現在永久脱毛とよばれるものには、レーザーを使う方法と電気針を使う方法があります。永久脱毛はレーザーや電流などで、毛母細胞や毛乳頭などの毛穴周辺の組織を破壊することで毛がはえてこないようにする仕組みです。レーザーや電流が毛根のみに反応することで脱毛が可能になる仕組みです。
電気針を使う方法はレーザーよりも古くからあり、毛根を完全に破壊するところから永久脱毛とよばれています。毛根に針を挿入し、電流を流し毛根を破壊します。かつては痛みを感じることがありましたが、現在は皮膚に接触する部分には特殊な絶縁加工をほどこした針を使うことができるようになったため、痛みはほとんど感じられないようになりました。また絶縁加工のため、皮膚の表面を傷めることなく傷も残りません。一回で該当部分の毛は完全に脱毛できます。ただ、ムダ毛は毛周期があり、すべてが一度に生えているわけではないので、次に生えてくる毛を、その時期に脱毛します。該当箇所すべてをきれいに脱毛するには2年間かかります。その回数施術を受けに通いますが、回数を重ねるごとに毛は少なくなっていきますので、脱毛の実感を得ながら通うことができます。
現在主流のレーザー脱毛は痛くないということと、手軽にできるということが人気の理由で、脱毛をレーザーで行う人が増えています。エステでは肌にダメージを与えないように出力の弱いレーザーしか使うことができませんが、美容外科や美容皮膚科では出力の強い最新式のレーザーを使用しています。脱毛の仕組みは電気針と同じく、毛根にレーザーを照射し、毛母細胞や毛乳頭などの毛根周辺の組織を破壊することで、毛が生えてこないようにします。レーザーはメラニン色素などの色にだけ反応するので皮膚の表面をいためることはありません。レーザーの脱毛は最低4回は照射を行わなくてはならないので、電気針に比べて時間がかかるということはあります。ただ、痛みがないので痛みに敏感な人や傷みに弱い人にはレーザー脱毛が向いていると考えられます。
電気針での治療が痛いという評判が広がり電気針での施術を敬遠する人がふえています。医療機関で電気針で治療する場合には麻酔を使用して施術を行うことが可能ですが、実際には電気針を使用するサロンやクリニックが減ってきているということがあります。電気針は一本一本の毛根を完全に破壊するため永久脱毛と言われていますが、レーザー脱毛も毛根を破壊し、かつ2年間毛が生えてこないという実績があるので永久脱毛として顧客の支持を得ています。

関連ページ

ワキ脱毛当日の運動などの注意点について
ワキ脱毛後運動しても大丈夫?事務やテニスに行っても大丈夫?当日に。
生理中の脇脱毛について
生理中に脇脱毛できる?脱毛予約変更してもすぐ予約は取れるの?
ssc脱毛は、永久脱毛ではありません。
SSC脱毛って本当に永久なの?
脇脱毛は、1回では終わらない
脇脱毛は1回では終わらない、1回目の効果はあまり感じられないのが普通で4回ー6回続けると徐々に薄くなるから回数は無制限や12回のキャンペーンがおすすめ。
永久脱毛の定義:脱毛サロンでは生えてくることもあります。
脱毛エステ毛が生えてくるってことあるの?
脇脱毛時の制汗剤の使用について
脇脱毛する前に制汗剤はつかってもいい?脱毛後にデオドラントしても大丈夫?わきがくさくて汗染みも気になるから夏は制汗剤つわないなんてできないんですが。
脇脱毛のリスク(デメリット)
脇脱毛のリスクデメリットはある?体への悪影響はあるの?本当にない?女性ホルモンへの副作用や汗が出なくなるなど大丈夫
脇脱毛などをした当日はお風呂に入らないことが大切
脇脱毛後お風呂に入っても大丈夫?
脇脱毛を受けてからすぐ抜けるわけではない
脇脱毛を受けてからすぐ毛が抜けるワケじゃないって本当?