MENU

永久脱毛の定義:脱毛サロンでは生えてくることもあります。

脱毛安いお試し勧誘なし

脱毛サロンで主流の施術となっている「フラッシュ脱毛」は、永久脱毛ではありません。個人差があり、人によっては施術を受けてから、1度も毛が生えてこないという人もいますし、しばらくすると生えてくるという人もいらっしゃるのが現状です。ただ、多くの方に永久脱毛に近い効果が得られる、脱毛方法であることは間違いありません。平均で3年施術に通えば、セルフケアのいらない肌になるといわれています。
そもそも永久脱毛とは、毛が生えるために必要な毛乳頭や毛母細胞を破壊して、毛が再生できない状態が、永久に持続できる脱毛のことをいいます。現在、永久脱毛といえるのは、医療機関で受けられる針(ニードル)脱毛だけです。毛穴に針を刺して弱電流を流すことで、毛乳頭を破壊する方法です。施術の際は、毛を5?10ミリ伸ばしておく必要があり、痛みを伴いますし、時間もかかり、費用も高いという面から、針脱毛を受ける方は多くないのが現状です。
現在、永久脱毛に近い効果が得られる「レーザー脱毛」や「フラッシュ脱毛」を選択される方がほとんどであり、両者とも痛みが少なく、短時間で処理が可能であり、施術前には毛を剃っておくようになるので、伸ばしておく必要がありません。費用面では、針脱毛よりも安いのですが、医療機関での施術となるレーザー脱毛よりも、脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛の方が、費用は安く設定されています。
脱毛サロンで受けられる「フラッシュ脱毛」とは、カメラのストロボのような光を照射することによって、毛母細胞・毛乳頭を破壊する脱毛方法です。光エネルギーがメラニンに反応して、毛根を破壊します。前述しましたような、痛みが少なく、施術時間が短いというメリットの他にも、フラッシュ脱毛の光は広範囲に拡散しますので、1回の毛の処理範囲が広いというメリットもあります。
レーザー脱毛の場合にも同様なのですが、フラッシュ脱毛の光は、メラニンに反応する、つまり黒い色に反応するという原理であるため、ワキやvIラインなどの黒くて太い毛に適しています。色の薄い毛や産毛などには効果が出にくいという特徴があります。また、日焼けの度合いによっては、施術を受けられないケースもあります。このようなデメリットもあるフラッシュ脱毛ですが、使用する機器の精度も日々進歩しています。
むだ毛がなくなり、今後お手入れをしなくてもよくなるという結果が得られるのであれば、永久の確約はできませんが、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、有益な脱毛方法といえます。

関連ページ

ワキ脱毛当日の運動などの注意点について
ワキ脱毛後運動しても大丈夫?事務やテニスに行っても大丈夫?当日に。
生理中の脇脱毛について
生理中に脇脱毛できる?脱毛予約変更してもすぐ予約は取れるの?
ssc脱毛は、永久脱毛ではありません。
SSC脱毛って本当に永久なの?
永久脱毛は毛根周囲の細胞を破壊するという仕組みです
永久脱毛の仕組みってどうなっているの?
脇脱毛は、1回では終わらない
脇脱毛は1回では終わらない、1回目の効果はあまり感じられないのが普通で4回ー6回続けると徐々に薄くなるから回数は無制限や12回のキャンペーンがおすすめ。
脇脱毛時の制汗剤の使用について
脇脱毛する前に制汗剤はつかってもいい?脱毛後にデオドラントしても大丈夫?わきがくさくて汗染みも気になるから夏は制汗剤つわないなんてできないんですが。
脇脱毛のリスク(デメリット)
脇脱毛のリスクデメリットはある?体への悪影響はあるの?本当にない?女性ホルモンへの副作用や汗が出なくなるなど大丈夫
脇脱毛などをした当日はお風呂に入らないことが大切
脇脱毛後お風呂に入っても大丈夫?
脇脱毛を受けてからすぐ抜けるわけではない
脇脱毛を受けてからすぐ毛が抜けるワケじゃないって本当?